大手?小規模?売りたい商品に強い会社を選ぶ

費用や事務手続きの負担を軽減することができます!

クレジットカードが幅広く普及したことにより、小規模な小売店においてもカード決済の重要性が高まっています。一方で、カード決済を利用するためには各カード会社との個別の契約をして複数の端末を設置することが必要であり、費用や各種事務手続きの負担が大きくなってしまうため、導入には消極的な経営者が多いようです。そんな小売店の経営者には、決済代行の導入をおすすめします。決済代行は小売店とカード会社の間に立って、カード決済業務の代行を行うサービスです。決済代行と契約をすれば様々なカード会社が発行するクレジットカードの利用に対応することができますし、単一の端末を設置するのみで各種事務手続きも一括して行うことができます。

決済代行は売りたい商品に強い会社を選びましょう!

それでは実際に決済代行を利用する際には、どのような観点に着目して利用する会社を選べばよいのでしょうか。これについては小売店が売りたい商品に強い会社を選ぶことが、合理的な選択になります。決済代行の基本的なサービス内容はどの会社もそれほど大きな違いはありませんが、その料金システムは様々となっています。 例えば、高額の商品を中心に取り扱う小売店の場合には、決済の回数そのものはそれほど多くないため、契約料や月々の基本料金が割安な決済代行会社を選ぶようにすれば、費用の負担を抑えることができます。一方で、割安な商品を中心に取り扱う小売店の場合には、各月における決済の回数が多くなりますので、決済1回ごとに発生する料金が割安な決済代行会社を選ぶことで、費用の負担を抑えられるのです。