決済代行サービスがないとこんなに大変

いろいろな会社と加盟店契約を結ばなければならない

決済代行サービスが存在しなかった場合、店側も客側もどちらも大変なことになります。まず店側ですが、現金以外の支払いを受けつけようとする場合、クレジットカード会社や電子マネーサービスの会社などと個別に契約を結ばなければなりません。クレジットカードにはいくつかのブランドが存在するため、まんべんなく受けつけようとするならそのすべてに「加盟店になりたい」と申し込み、審査を受けなければならないのです。書類を書くだけでもかなり大変な作業になるでしょう。
また、電子マネーを含めて契約した会社ごとにカードやバーコードを読み取る機械が送られてくるので、それをすべてレジ横に設置しなければなりません。どの端末がどのサービスのものなのか把握するだけでも大変です。決済代行サービスと契約すれば、一つの端末で読み取りが可能になります。

多くの店で現金での支払いしかできなくなる

客側が大変なポイントとしては決済手段が限られてしまうことが挙げられるでしょう。というのは、決済代行サービスがないと店側が個別にサービスと契約するのは難しいということで決済手段を現金のみにしてしまう可能性が高いからです。そうなれば、多くの店で近年利用者を増やしているQRコード払いはおろか、クレジットカード払いもできなくなってしまうのでリボ払いやボーナス一括払いも使えなくなってしまいます。高価なものを買うためには、その都度、信販会社とローン契約するか、もしくは現金で一括払いをしなければならなくなり、相当な負担になってしまうでしょう。
現在、決済代行会社があるから多くの店でクレジットカード払いが可能になっているといえるので、客は相当な恩恵を受けているといえます。