決済代行とは個人と企業の間に入ってくれるサービス

決済代行サービスの仕組み

決済代行サービスとは、ショップでの現金決済以外の支払いに対応してくれるサービスです。一般的にはクレジットカード払いやオンライン決済などをショップの代わりに代行してくれるものです。クレジットカード払いに対応するためには、そのカードに発行元と契約しなければなりませんが、そのハードルはかなり高めで、小規模かつ新しいショップでは、まず認可されることはありません。仮に認可されたとしても、複数種類のカードに対応するためには、カードの種類の数だけ、その契約を結ばなくてはなりませんし、カードリーダーもカードの種類に数だけ用意することになり現実的ではありません。決済代行サービスを利用すると、そのサービス一社と契約することで、複数のクレジットカードに対応することができるだけではなく、スマートフォンを使用したオンライン決済や交通系のICカードなどでの決済にも対応することができます。

決済代行サービスの役割

決済代行サービスは、小規模店舗でも幅広い決済方法に対応できるようにしてくれるサービスで、いわば個人事業主と企業の間に立って、スマートにキャッシュレス決済を実装してくれるサービスなのです。店舗に置くリーダーなどの機器も1つで済むことが多く、ネット環境さえあれば特別な機器も必要としませんから、設備投資にもほとんど費用がかかりません。多くの決済代行サービスが定期的にキャンペーンなどを行なっていて、新規契約の場合、カードリーダーが無料で設置できたり、初期費用が割引になるなど、お得に始めることができるようになっています。現金決済のみでは一部の消費者に敬遠されてしまう可能性があります。ビジネスチャンスを逃さないためにも決済代行サービスを利用することをオススメします。

ネット通販を利用する時、クレジットカードを持っていなくてもコンビニの決済代行サービスを使って料金を支払えます